林田力 東急不動産だまし売り裁判
hayariki.net zero tok
林田力書評集

林田力『林田力書評集』は林田力の書評集である。林田力は東急不動産消費者契約法違反訴訟(東急不動産だまし売り裁判)原告で、この書評集も裁判や不動産関連の書籍が中心である。

『ブラック企業ビジネス』ブラック士業の闇
『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』2chも格差社会
『モンスタークレーマー対策の実務と法』クレームには誠意を
弁護士なしでの裁判体験談『訴えてやる!』
『千一夜の館の殺人』ありそうでない弁護士探偵
小説仕立ての法律書『民事の訴訟』
『女子弁護士 葵の事件ファイル』面白くて、ためになるリーガル小説
『遺言執行』本格的リーガル・サスペンス
影山明仁『名作マンガの間取り』間取りからキャラや時代を想像
『全壊判定』マンション購入が怖くなる
不満のない家が理想『省エネ時代の家づくり』
『星の涯の空』
奥菜恵『紅い棘』勝ち組的価値観と戦った女優
泣く男は平和の象徴『女の前で号泣する男たち』
『美しき日本人は死なず』感動的な人間物語
『仮名草子の<物語>『竹斎』・『浮世物語』論』
理科離れ克服は、あぶない科学実験で
『素人がよく分かる相対性理論の大間違い』
『ペアプログラミング』二人で作業
デザインパターンのバイブル的存在

http://hayariki.ie-yasu.com/book.html

そもそもコミュータティヴ(交換的な正義)とディストリビュータティヴ(配分的な正義)とは何かということを問うていて、そんじょそこらの議論を超えている。そのうえで節約(タンベランス)と蓄え(アポテック)が何を意味するのかが論じられるのだ。